キャバクラで働く女の子たちの体験談

キャバクラ求人体験談一覧

  • キャバ嬢がみんなホストにハマッてるわけじゃない!

    キャバ嬢に対して偏見まみれなお客さんに当たっちゃいました……。 場内指名をしてくれたので、 「ドリンクのおかわり、もらってもいいですか?」 っておねだりしてみたんですよ。そしたら、 「俺がお金を使っても、どうせホストに流れるんでしょ?」 「キャバ嬢ってみんな担当ホストがいるんだよね?」 「君もホストに言われてキャバ嬢やってるの?」 とか言い出したんです(((( ;゚Д゚))) 某有名キャバ嬢の影響でしょうか……。 でもさすがにこの言い方はイラッとしますよね。 「私は学費のために働いてるんですよ」 「いや~またまた。そういう建前はいいから」 「本当なんですけど」 「大丈夫、俺は引いたりしないからさ」 と言って、話にならない。 もう嫌になって、無言で客のドリンクを作り始めました。 そしたら急に顔を近づけてけて、耳元で 「ホストなんか行かなくても、俺が癒やしてあげるから」 とささやかれたんです!!!! もう、全身鳥肌!!!!!!! とりあえず引きつった笑顔でなんとか対応して、最後は一応連絡先の交換はしました。 うーーーーん。 営業するかどうか超悩みますね…。 来てはくれそうですけど、金使わない&めんどくさそうだし。 でもこういう客を育てていくのがプロのキャバ嬢なのかなぁ…、はぁ。

    続きを見る

    +1

    -0

  • 私についてほしいなら指名して!!!

    今日は久々にイラッとしました~!! 前にフリー客で来た人と連絡先を交換して、ずっと営業していたんです。 で、その人がお店に来るねって連絡くれて。 「努力が報われた~!」 って気持ちで、ウキウキしながら待っていたんです。 そしたら…… 普通にフリーで入店してきやがった( ゚д゚) もう「はぁぁぁぁあああああ????」ですよ。 すっごくムカついたので、ボーイに絶対あの人には付けないでって伝えました。 そしたら1時間くらい経って、私が接客してるにも関らず近寄ってきて 「ふうちゃんが着いてくれなかったから、もう帰るね」 ってわざわざ言ってきたんです! こんなこと言われたら、接客しているお客さんが私に嫌なイメージを持つじゃないですか! 怒鳴りたいのを我慢して、にっこり笑顔で 「ついてほしいなら今度から指名してね」 って言ったんです。そしたら 「えーそしたらお金かかるじゃん」 ですって!!! もうすっごい腹が立って、即効でブロックしました。 これってキャバ嬢やってる人にとってはあるあるなんですかね。 私はこんなクソ客と出会ったのは初めてで、驚いちゃいました。

    続きを見る

    +15

    -8

  • 憧れの先輩の接客を見てショックを受けてしまいました

    憧れの先輩の接客を見てショックを受けてしまいました キャバ嬢になってまだ数日のぺーぺーです。 お酒の作り方もわからない私でしたが、体入時はミキさんというとても優しい先輩キャストが手取り足取り教えてくれました。 普通は一通り習ったら、あとはお客様について覚えるもの。 でも私が未経験で不安がっている様子を見て、ミキさんが「最初は私のお客様のところに一緒につこうか?」と言ってくれました。 店長にも掛け合ってくれて、本当に優しい先輩(´;ω;`) キャバクラってもっとギスギスしてるのかと思ってましたが、こんな素敵な人もいるんですね! こ~んな素敵な先輩なのだから、お客様もさぞ紳士なのかと思ったのですが……。 最初についたのは40代後半のハゲ。 「新人?ミキから指導を受けてるの?頼りないでしょ~あっはっは!むしろミキの方が教わること多いんじゃないのぉ~?」 そう言って、ハゲはミキさんのほっぺにツンツンし始めました。 するとミキさん、 「そうなんですよぉ~、私ドジだからむしろ新人ちゃんに迷惑かけっぱなしでぇ~」 と言って、いきなりハゲの腕に絡みつき始めたんです! え………ミキさんってこんなキャラ………? さっきまであんなに真面目でしっかり者の印象だったのに……? ショックを受けつつも、とにかくしゃべらなくちゃ!と思った私は 「お二人とも、とっても仲良しなんですね」 と声をかけました。すると 「だって俺、ミキと付き合ってるもん!な!」 と衝撃の発言がハゲから出てきました。 先輩と目配せし、微妙な間が生まれた後に 「う、うん。ねー!」 と先輩がにっこり。 ああ……… 私はとんでもない世界に足を踏み入れてしまったんだな…… そう感じた初日でした(笑) 本当、ミキさんからは学ぶことがいっぱいあって、 本入店した今も色々教えてもらっています( ̄∀ ̄)

    続きを見る

    +5

    -3

  • かしこいキャバ嬢はバカなふりをする

    キャバ嬢をバカにする客って多いじゃないですか? でもそういう客にいちいち突っかかっていくのは賢くないと私は思うんです。 この前も、フリー客でいや~なお客さんがいたんですよ。 投資関連の話をずっとしてきて、やれ儲けがいくらだ、自分の目利きはすごいなどの自慢話。 「わ~そうなんですか?すごいですねー!」 と色々調子を合わせてお客さんを褒めまくっていたら、 「株やってないの?やっぱりキャバ嬢はバカだなぁ。銀座の子はみんなやって、僕の話にもついてきてくれるんだけど~ww」 と言い出して、イラッとしました。 実は私、株はもう6年以上経験があるんですよ。 色んなセミナーにも顔を出しているんで、正直、この客よりも知識があります。 でもそんなのわざわざ言うよりも、知らないフリをしてニコニコ話を聞いていた方がいいと判断して黙ってました。 場内指名は取れなかったので、「失敗したかな?」って思ったんですが、 次に着いた女の子がまだ時間内だったのにその客を帰らせてしまったんです。 「どうしたの?何があったの?」 と聞いてみると、 「いやぁ、投資の話をする人だったんで、私もビットコインで儲けた話したんですよ。そしたらなんか急に静かになって、帰っちゃいました」 とのこと……。 それを聞いて『うん、私の考えが正しかった』と確信しました。 ああいう客は、自分より知識のある人を嫌うんですよ。 特にそれが女だと露骨にいや~な雰囲気を出す。 要は器が小さい男なんですよねwww 案の定、その日の夜に 色々と勉強させてあげる。次の出勤はいつ? と連絡が来ました(笑) このお客の時は、頑張って上から目線をさせてあげようと思いますww

    続きを見る

    +16

    -5

  • 勝手に付き合ったことになり、勝手に別れました(笑)

    フリー客がご来店。 お金もなさそうだったから適当にあしらっていたのに、なぜか場内指名! 一応連絡先を交換すると 「好きになっちゃったかも……」 とLINEが来ました(笑) それも適当にあしらいながら、来店させようと頑張ったけど空振り続き。 もうこれは望みないなと思い、既読スルーばかりを繰り返すと半年後くらいになんとご来店。 (正直、名前を言われるまですっかり忘れていた) 「久しぶり~~!お元気でした?」 と明るく話しかけると 「ごめん……俺、連絡はマメに取りたいほうなんだ。別れたい」 と言われ、目が点に。 どうやら彼の中で、私たちは付き合っていたようですwwwww 半年前に店に来て以来、一度も会ってないんだが。 それで付き合っていると本気で思っていたらしいのが本当に驚き。 相手はキャバ嬢だぞ、童貞くんかwwwww 爆笑するのを何とかこらえ、 「そうなんだ……寂しいね。今までありがとう」 と答えておきましたwwww 勘違い野郎はけっこう多いけど、こういうパターンは初めて。 衝撃的だったので、ご報告しました(笑)

    続きを見る

    +14

    -3

  • 同伴の食事代をせびろうとする客にうんざり

    この前、超うっとうしい客がいたんですよ!! たま~に指名してくれるお客様だったんですけど、 来るたびに「お金ない~」「ちょっと割引とかになんないかな」とか言う人で。 まぁお金ないない言う割にはドリンクくれるし、悪い人ではないって思ってました。 だから「同伴しない?」って言われた時も二つ返事でOKしたんです。 場所はお店の近くの焼肉チェーン店。 同伴で来るようなお店ではなかったのですが、「まぁ、お金ないって言ってたし」とにこやかに食事を楽しんだんです。 帰り際、店員さんが会計を持ってきました。 「お会計、よろしくお願いします」 「はい、カードで」 他のお客様の場合は、私がお手洗いに言っているときに会計を済ませてくれています。 でもそのやり取りを見てしまったので、 「ありがとう、ごちそうさまです」 とお客様に声をかけました。すると 「うん、6437円だったよ。3000円でいいからさ」 「………は?」 この人、私に3000円払えって言ってる? 初めての同伴で?え??なんで?? ちょっと意味がわからなかったので、そのまま笑顔でお手洗いへ。 出てくると出口でお客様が待っていたので、そのまま外に出ました。 さっきの話は流れたかな~と思って、にこやかに話しかけようとしたら 「これいる?」 と私にレシートを渡してきたんです。 正直、本当にイライラしました。 お店には一緒に行きましたが、ワンセットで帰宅。 キャバクラのルールをあまりわかってないんでしょうか? その後、LINEで 「今日は楽しかったよ!次回の同伴はそちらのおごりでお願い!」 って来てましたし。 これはちょっと無理ですよね………。 LINEをブロックしてしまおうか迷っています。

    続きを見る

    +51

    -5

  • 担当のボーイが無能で仕事できなさすぎる!!

    新しいお店に入って1ヶ月経ってないんですが、辞めようか悩んでます。 というのも、担当のボーイさんが超苦手なんですよ。 たとえば、私がお店に入って2日目。 平日でお客さんが少なくって、トータルで常連のお客さんに3回くらいしかついてなかったんです。 それなのに 「どう?色んなお客さんと連絡先交換した?指名客できそう?」 っていきなり言われて。 お客さんいないのにできるわけないじゃん!!!! って思いません??? そして極め付けがついこの前。 「今日、お客さん来てくれそう?」 「この前、連絡先を交換した○○さんが来てくれるかもです」 と返したら、ボーイがすごく怖い顔をして 「○○さんって他の女の子の指名客じゃん!何、連絡先交換してるの!?」 っていきなり怒鳴ってきたんです。 「え、でもこの前、フリー客っておっしゃってましたよ??」 「その日は指名の子がいなかったんでしょ!それくらい察して!!」 と言われてしまいました……。 まだ入店して間もないんだから、誰がどの女の子の指名客とかわからないですよ!!! そういうのを教えてくれるのが担当ボーイだと思うんですけど。 とにかく本当に信用できなくて、担当が大っ嫌いなんですよね( `Д´)/ 担当を代えてもらうか、お店自体を移るか……。 まだ検討中ですが、早く今の環境をどうにかしたいです(涙)

    続きを見る

    +15

    -5

  • 客は育ててみないとどうなるかわからない

    私の太客。 初めて店に来たときは 「おまえさ~俺のタイプじゃない!まっっったく!かすりもしてない!全然かわいくないわ~~」 とか言ってて、すげームカついた。 だからトークですごい楽しませて、場内指名入れてやったんだわwww そしたら普通に次から指名してくれるようになって、週2ペースで来るように。 そんなやつとも今月で出会って1年。 昨日、店にふらっとやってきたと思ったら 「本当に夏菜はかわいいな~~~。今まで見た女の中で一番ルックスいいわ~~。絶対にこの店の一番のキャバ嬢になれよ!今日は出会って1年を祝って乾杯しよう!」 って言って、店で一番高いボトル入れてくれた。 やつの中では、私がNo.1になってお店もエリアで一番有名になったら、私がやつと結婚するストーリーができているらしいww 本当に最初に諦めないで良かった。 印象最悪の客でも、育ててみたら一番の太客になる可能性を秘めてる。 キャバクラの仕事って、おもしろいな~と思う瞬間である。

    続きを見る

    +13

    -3

  • キャバ嬢の私を好きって言われても…ねぇ?

    ちょっと聞いてくださいッ! つい最近、お客さんに告白されました。 変なおっさん客に告白されるのなら適当に受け流すんですが、 その子は社会人になったばかりの23歳…! 年下に告白されたのなんて初めての経験です(´;ω;`) 正直、その子はかなり私の好きなタイプ。 清潔感があってハキハキしている好青年。 しかも誰もが知っている大企業で働いているんです。 まさに、優良物件!!!! ただ……… 出会った場所はキャバクラです。 彼が見ている私は、営業スマイルの私。 何を言われてもにこやかに対応するかわいい女。 決して本当の私ではありません。 「あなたの笑顔にいつも勇気付けられています」 「キャバ嬢とか関係なく、一人の女性として好きです」 告白としては満点なんだけど、 プライベートの私を一切知らない君が何を言っているの?って感じで。 あ~~~ 一体どうすればいいんでしょう~~!? まずはプライベートで会ってお互いのことを知るべき? でももう前提がお客さんとして会っちゃってるから、 今さら普段の自分を出すなんてことできなさそうで…(T∀T) その子の会社の人って、けっこううちの店に飲みに来るから、 バレたりしたら色々面倒だしなぁ……。 とりあえずは客としてつなぎとめておくしかないのかなぁ。 こんなことが起こるなんて思いもしなかった(笑) 絶賛悩み中です。 自分のタイプの客に告白されたら… 皆さんならどうします??

    続きを見る

    +28

    -5

  • 気持ち悪い!ストッキングおじさん

    この前フリーで来たお客さんがめっちゃ気持ち悪かったんです!! 私が付いた途端に「いいね~いいねぇ~」とやたら擦り寄ってきて。 この時点ですごく気持ち悪くて帰りたかったんですけど 「ドリンク、何か飲む?」という言葉に少し安心してしまいました(笑) 乾杯して、最初は他愛もない話をしていたんですけど 次第に彼の手が私の太ももに……。 まぁ、それはよくあることなので「も~お触りはダメですよ?」と優しくたしなめました。 「じゃあこれは?」 そう言うと、いきなり私の太もも部分のストッキングをつまみ、パチンパチンと当ててきたんです。 にやぁ~とした顔で私を見ながら、ひたすらパチンパチン……。 その顔と意味不明な行動がわけがわからず、ゾワァと全身に鳥肌が立ちました。 「ダメ、破れちゃうから!」 「破れても大丈夫!替えを持ってきてあるからさ」 その言葉に『もうダメだ』と思い、お手洗いへと緊急避難。 交代時間ギリギリに席へ戻り、他の女の子とチェンジしました。 場内されたらどうしようかと思いました……。 ちなみに、その客に素足で接客した女の子がいたんですけど 「ストッキングはいてないなんて、どういうことだぁ!」 とブチ切れられたそうですww

    続きを見る

    +6

    -1

  • ここは性風俗店じゃないっつーの!!!

    聞いてください------------!!!! 今日、とんでもないクソ客がいました! フリー客だったんですけど、私が座るやいなや、すぐに腰に手を回してきたんです。 もうとにかく馴れ馴れしくて気持ち悪くて。。。 嫌過ぎて、「もーダメッ!」って笑顔で手を振りほどいたんですよ。 そしたら今度はその手が私の太ももに。・゚・(つД`)・゚・。 その手も振りほどいたんですが、すぐに元通り。 もうとにかく時間が過ぎるのを待っていました。 付いて15分くらい経ったときに、いきなり声がクソ客の息が荒くなってきて。 「どうしよう、大きくなっちゃったよ」 と、私の手をクソ客の下半身に持っていこうとしたんです!!!! その時はまじで頭が真っ白になって覚えてないんですが( ゚д゚) ボーイによると、私はものすごい大きな悲鳴を上げて助けを求めたんだとかww その男は店長から厳重注意を受けて、出入り禁止になりました。 とにかく、これだけ言わせて。 キャバクラは性風俗店じゃないから!!!!! そういうことをしたいなら、キャバクラ来るな!!!

    続きを見る

    +26

    -4

  • 今頃あいつ(元太客)はどうしているのか

    長年キャバ嬢をしていると、今はいない太客のことを思い出すことがある。 あれは私が19歳でキャバクラデビューした時。 一番最初に指名してくれたのがその客だった。 特に頼んではないんだけど「僕がNo.1にしてあげる!」と週2ペースで通ってくれて、毎回シャンパンを入れてくれた。 けっこう過疎ってたお店だったから、新人の私があっという間にNo.1になったんだ。 今ならその太客のおかげってわかるんだけど、あの時の私は若かった。 「私、めっちゃすごいんじゃん!?」と調子に乗り、高級店へとお店を変えた。 最初はその太客も通ってくれていたんだけど、雰囲気が合わないのか次第に足が遠のいた。 最初は「アフターするから!」とけっこう強引な営業で繋いでいたけど、それも長くは続かず、結局太客とは連絡が取れなくなってしまった。 焦った私は色んな人に営業をかけたんだけど、全然相手にされず……。 このとき、ようやく太客の有難さと、背伸びしすぎた自分に気づいた。 あれから7年。 頑張った時期もあったんだけど、結局、あのあとはナンバー1になったことは1回もない。 あの時、店を変えなければ。 あの時、太客にもう少し違うアプローチができれば。 あの時、もっと早く頑張っていれば。 あれこれ頭をよぎることはあるけど、もう遅い。 最近は年もとってきて、売上も下がってきている。 今頃、あのお客さんは違う女の子の太客してるのかな~。 そう思うと、今でも悶々とするわ。。。

    続きを見る

    +19

    -8

  • 同級生と会うのが苦痛でした

    キャバ嬢時代に一番辛かったことと言えば、同級生と会うときでした。 20代後半ともなるともうみんな結婚してたり、仕事をしてたりして。 私だけキャバ嬢でまだプラプラしていたので、けっこう居心地が悪かったんです。 「子供がいると自分の時間がなくて大変!まぁ、子供はかわいいけど~」 「専業主婦ってつまんないから、最近英会話スクールに通い始めて~」 「役職に付くと管理とか大変で……。やりがいはあるんだけどさ~」 みんな愚痴のように話していたけど、私にとっては自慢話。 大変だけど充実している。人生が楽しい!って聞こえました。 そして散々話したあとに、今度は私に向かってこう言うんです。 「彼氏できた?キャバ嬢はいつまでやるの?」 キャバ嬢やってる人ならわかると思うけど、出会いって全然ないじゃないですか? しかもクソ客ばかり相手にしていると男性嫌いになったりもしてて。 彼氏なんてできる状態じゃないし、だからといってキャバクラも辞められない。 でもそのままの状態じゃ、人並みの幸せからはどんどん遠ざかる……。 あの時は本当にジレンマを抱えていて気が狂いそうだったなぁ~。 今は昼職に移れたけど、給料はガクンと減ってやる気でないし(笑) やっぱり人はないものねだりなのかもしれません(^u^;) 皆さんも私みたいな経験ありませんか??

    続きを見る

    +24

    -6

  • 友達がホストとこっそり結婚しました…!!

    ホストにハマっているキャバ嬢って多いですよね。 一応本カノってことで、ホストと付き合っている子もいますが 結局最後はあまり良い終わり方しないじゃないですか? お互い、擬似恋愛を仕事にしているようなものだから 嫉妬したりされたりも多いだろうし…。 ホストとキャバ嬢って言うだけで、報われない恋愛ってイメージがあります。 でも… 私のキャバ嬢時代の友達は、ホストとマジで結婚したんですよー! 「お前、客として来る必要ないよ。てかもう働かなくていい。俺の家にいて、俺の世話だけして」 とプロポーズされて、そのまま入籍…! 関係者だけでひっそりと挙式もしたんです。 いや~友達の幸せそうな顔…! 今思い出してもニヤニヤしてしまいます(笑) ただ…旦那はまだ現役ホストなので、 妻となった今も嫉妬はするそうですけどねw はぁ…私のことも誰かもらってくれないかなー! ホストじゃなくて良い!かっこよくなくてもいい! 清潔感があって、優しくて、私を専業主婦でいさせてくれる財力があればそれで! 誰かー!(笑)

    続きを見る

    +45

    -3

  • 学生キャバ嬢が人気になった理由

    最近うちの店に入ってきた学生の子が、色々衝撃的でした。 その子は学費を自分で稼がないといけないとかで、 キャバクラで働いているけどけっこうカツカツな生活をしている様子。 ドレスはいつもレンタルでしたし、ドリンクバック欲しさにかなり無理して飲むことも。 コチラとしては、痛々しいな…みたいな感じで見ていたんですよね。 正直、見下していた感じもあったかもしれません。 そんな彼女が、ある時から指名が急激に増え、 なんとナンバー入りをするようになったんです(;゚д゚) 何事!?と思って聞いてみると… 「お客様と一緒に食事したら、お礼で指名してくれるようになったんですよね」 とあっさり。 彼女、同伴ではなくてプライベートな時間を削って客と会っていたんです! しかも自分の指名客だけでなく、フリー客とも!! 「いや~正直、食べ物にも困っているんで助かっています(笑)お客様と食事する時はいつもおごってもらえるんで♪」 なーんてニコニコ顔で話してくれました。 自分は指名客としか店外しないので、正直ビックリ…。 でも彼女のやり方がお客さんにとっては一番うれしいですもんね~。 いや~先輩として負けてられないです! 私は私なりのやり方で、彼女に負けないように頑張ります!

    続きを見る

    +67

    -4

  • その客に指名されるには…

    この前、超笑える客が来たのでご報告を(笑) フリーで入ってきた初めてのお客さんだったんですよ。 仕事やプライベートについて包み隠さず話してくれたし、 最初の印象は決して悪くはなかったんです。 でも趣味の話をし始めたとたん、雲行きが怪しくなりました。 客「俺、旅行が好きなんだよね」 私「へー!最近だとどこに行かれました?」 客「海外だとハワイとか、台湾とか。今月は温泉でゆっくりしようかなって」 私「素敵~!いいな~!」 客「あ、一緒に来ていいよ?」 …………。 普通、初めて会った人を旅行に誘います?? 私「あはは~!いきなりですね」 客「旅費は俺が出してあげるからさ」 私「いやいや~。知り合ったばかりだし、もっとお互いを知ってからがいいな」 遠まわしに断っていると、いきなりこのお客さん真顔になってこう言ったんです。 客「俺と旅行に行けないんだ?じゃあ指名しないよ」 私「……はぁ」 客「次の女の子呼んで。君は…まぁ、頑張って」 うん、わかった(o^ω^o) むしろお前が旅行に行ってくれるキャバ嬢探しを頑張れよ(o^ω^o) ちなみにその客は、旅行を共にしてくれる女の子は見つけられなかったようです。 ざまあみやがれ、二度とうちの店に来るな!

    続きを見る

    +62

    -4

  • なんでナイトワークは稼げるのか。答えは簡単。

    客をはじめ、けっこう回りにいる人たちに 「楽して稼げてていいよね~」 と言われることが多いんです。 …それ、本気で皆さん言っているんですかね??? 昼職よりも稼げる理由は、ひとつしかないでしょ。 この仕事がめちゃくちゃしんどいから!!!!! 昼職よりも数倍、いや、数十倍しんどいです。 まず、仕事をする時間帯が夜ってのがツライ。 生活リズムがおかしくなって、肌は荒れるし体調は悪いしで最悪。 あとキモいおっさんに対してニコニコ愛想振りまかないといけないし。 時にはセクハラに耐えないといけないことだってあるんです。 そして何より、どうでもいい客と電話やLINEで連絡を取らないといけない。 プライベートの時間が削られるし、超超超めんどい。 こんだけ頑張っているんだから、女の子が稼げるのは正直当たり前。 というか、むしろこの給料じゃ足りないくらいです。 「キャバ嬢って超楽な仕事だよね~」とか軽く言うのなら、 お前もいっぺんやってみろよって言いたい。 給料が高いってことは、その分仕事が大変だってこと。 そのくらいわかってください。

    続きを見る

    +80

    -5

  • セクハラって普通に犯罪だからな?

    少しでもキャバクラで働いたことのある方なら、 多かれ少なかれセクハラ体験をしたことがありますよね? 「何カップなの?」 「最近いつエッチした?」 「これからホテル行かない?」 なんていわれるのは日常茶飯事。 まぁ、まだコレは許せる。話す仕事だから。(本当は嫌だけど) ただ時には実際にお尻や胸を触られたり、 キスされそうになることもあるじゃないですか!? それがマジで意味わからないんですよね。 もちろん、黙って受け入れるなんてことはしません。 「やだ!ちょっとやめてください!」と本気で嫌がるそぶりを見せます。 でもそしたら 「えーちょっと興ざめなんですけど」 「こういう仕事してるのに何言ってるんだ」 みたいに説教してくる奴らがいるんですよ(怒) あのさ、セクハラって犯罪なの知ってる? お酒の席だろうがキャバ嬢だろうが、許されないんですけど。 どうしても女の子の体を触りたいのなら、風俗へ行ってください。 あ、それか私が指定する額を支払ってくれるなら話は別です(笑) まぁ、そんな物分りのいい客はいないだろうけど…(;-ω-)

    続きを見る

    +42

    -8

  • キャバ嬢を誘うということがどういうことか

    もう…我慢ならないので愚痴らせてください! 客たちが気軽に言うことは、会社員に置き換えるとこういうことだ! 「食事しよ!え?もちろん同伴じゃないよ」 ⇒絶対に契約しないクライアントに接待 「アフターしない?」 ⇒仕事終わった後に、気を遣う上司とサシ飲み 「休みの日いつ?デートしようよ」 ⇒休日出勤だけど、給料出ないし代休もなし。 「休日出勤つら~」「なーんで気の合わないやつと飲まないといけないんだ」 とか、客もよく愚痴ってるくせに、キャバ嬢には簡単にそれを求めてくるww きちんと立場をわきまえているお客様もしっかりいるのに、 な~んでいつまで経ってもクソ客がいなくならないんですかね。 「退治した!」って思っても、どっからか沸いて出てくる(笑) 色んなところで言われていますが、私にも言わせてください! キャバクラは女の子と手軽に出会える場所じゃないですよ~! お金を払って、楽しめる空間を提供してもらう場所ですからね~!

    続きを見る

    +374

    -77

  • 同伴する流れ…どんな感じなのか教えて~!!

    相談に乗ってください。。。 皆さんって、同伴するときってどんな流れですか? 私は同伴以外でお客さんと会うなんて絶対に嫌なんですよ。 だからご飯に行こうって誘われると「同伴ならOKですよ~!」って返していました。 そうしたら、誘ってくれる人が激減してしまって…(´;ω;`) さすがにまずいかもな…って思い、言い方を変えてみたんです。 「出勤前なら時間があるので、ぜひご飯しましょう!」って感じに。 【お店の出勤前に食事=同伴】って、暗黙の了解があるじゃないですか? これなら大丈夫かなって思ったんですが… 食事した後、サクッと帰られてしまいました(泣) 私「あ、あれ?お店に寄っていかないんですか?」 客「え?だって同伴だなんて聞いてないし。この後予定あるんだよね~」 そう言って去っていく客を見送る私。 本当に惨めで、この仕事を辞めたくなってしまいました。。。 他の女の子はきちんと同伴出勤しているのに、どうして私だけできないんでしょう? 私には同伴するような魅力がないってお客さんに思われているんでしょうか? もう最近、ずっと気分が落ちちゃっています。病む~

    続きを見る

    +90

    -9

  1. 1
  2. 2
  3. 3

(1~20件目)