働く女の子たちの体験談

求人体験談一覧

  • キャバ嬢を誘うということがどういうことか

    もう…我慢ならないので愚痴らせてください! 客たちが気軽に言うことは、会社員に置き換えるとこういうことだ! 「食事しよ!え?もちろん同伴じゃないよ」 ⇒絶対に契約しないクライアントに接待 「アフターしない?」 ⇒仕事終わった後に、気を遣う上司とサシ飲み 「休みの日いつ?デートしようよ」 ⇒休日出勤だけど、給料出ないし代休もなし。 「休日出勤つら~」「なーんで気の合わないやつと飲まないといけないんだ」 とか、客もよく愚痴ってるくせに、キャバ嬢には簡単にそれを求めてくるww きちんと立場をわきまえているお客様もしっかりいるのに、 な~んでいつまで経ってもクソ客がいなくならないんですかね。 「退治した!」って思っても、どっからか沸いて出てくる(笑) 色んなところで言われていますが、私にも言わせてください! キャバクラは女の子と手軽に出会える場所じゃないですよ~! お金を払って、楽しめる空間を提供してもらう場所ですからね~!

    続きを見る

    +374

    -77

  • クソ過ぎて在籍嬢全員からNGもらった客(笑)

    うちの店には常連のフリー客、Xがいます。 こいつがもう本当にクソすぎて、みんなに嫌われているんですよ。 Xがこの店に来てもう1年以上経ちますが、毎回フリー。 しかも月3~4回ほどのペースで来るので、在籍嬢は全員相手したことがあります。 それでも指名しないし、ドリンクさえくれない! 最初はね、もしかしたら可能性があるんじゃないかって思って、連絡先を交換したりしましたよ。 「おはよう」「おやすみ」の挨拶や、日記みたいな連絡でも丁寧に返していました。 それでもフリーで来店されると、ガクッと来ちゃうんですよね(´・ω・`) しかも中には後をつけられて、無理やりアフターに付き合わされそうになった女の子もいたんです。 これ、もはやストーカーだと思いませんか!? ってことで、女の子からの評価は最悪。 「絶対にXの席にはつきません!」という女の子が続出しているんです。 この前はたまたまXをNGにしている女の子だけが出勤だったため、 Xの席には体入の女の子だけが付くという異例の事態になっていました(笑) もう本当に厄介なお客さんですよ~。 来なければいいのに!

    続きを見る

    +130

    -22

  • 元風俗嬢の私がキャバ嬢をやったら…

    風俗の仕事が辛くなったので、キャバ嬢に転職しました。 しゃべりでお客様を楽しませるのはとても難しいですが、体の負担がないので楽。 時給もあり、出勤すれば必ず給料が出るというのも個人的には嬉しかったですね。 でもお客の中に、なぜか私が元風俗嬢というのを知っている奴がいたんです。 私の元客なのか女の子から聞いたのかは謎ですが…。 否定するのもなんだか変な気がして、答えなかったんですよね。 そしたら案の定…やらせろやらせろうるさい(怒) 夜になると毎日のようにLINEで呼び出されるようになりました。 私がもともと働いていたのは箱ヘル。 風俗時代も本番していなかったのに、なんでわざわざキャバクラの客と寝ないといけないのか。 しかも別にお金の交渉をしてくるわけじゃないんですよ。 もうまったく意味がわからないですよね。 当たり前ですが、呼び出しに応じたことはありません。 とりあえずのらりくらりとかわして、お店に来させたいと思います(笑)

    続きを見る

    +117

    -26

  • 同伴する流れ…どんな感じなのか教えて~!!

    相談に乗ってください。。。 皆さんって、同伴するときってどんな流れですか? 私は同伴以外でお客さんと会うなんて絶対に嫌なんですよ。 だからご飯に行こうって誘われると「同伴ならOKですよ~!」って返していました。 そうしたら、誘ってくれる人が激減してしまって…(´;ω;`) さすがにまずいかもな…って思い、言い方を変えてみたんです。 「出勤前なら時間があるので、ぜひご飯しましょう!」って感じに。 【お店の出勤前に食事=同伴】って、暗黙の了解があるじゃないですか? これなら大丈夫かなって思ったんですが… 食事した後、サクッと帰られてしまいました(泣) 私「あ、あれ?お店に寄っていかないんですか?」 客「え?だって同伴だなんて聞いてないし。この後予定あるんだよね~」 そう言って去っていく客を見送る私。 本当に惨めで、この仕事を辞めたくなってしまいました。。。 他の女の子はきちんと同伴出勤しているのに、どうして私だけできないんでしょう? 私には同伴するような魅力がないってお客さんに思われているんでしょうか? もう最近、ずっと気分が落ちちゃっています。病む~

    続きを見る

    +90

    -9

  • なんでナイトワークは稼げるのか。答えは簡単。

    客をはじめ、けっこう回りにいる人たちに 「楽して稼げてていいよね~」 と言われることが多いんです。 …それ、本気で皆さん言っているんですかね??? 昼職よりも稼げる理由は、ひとつしかないでしょ。 この仕事がめちゃくちゃしんどいから!!!!! 昼職よりも数倍、いや、数十倍しんどいです。 まず、仕事をする時間帯が夜ってのがツライ。 生活リズムがおかしくなって、肌は荒れるし体調は悪いしで最悪。 あとキモいおっさんに対してニコニコ愛想振りまかないといけないし。 時にはセクハラに耐えないといけないことだってあるんです。 そして何より、どうでもいい客と電話やLINEで連絡を取らないといけない。 プライベートの時間が削られるし、超超超めんどい。 こんだけ頑張っているんだから、女の子が稼げるのは正直当たり前。 というか、むしろこの給料じゃ足りないくらいです。 「キャバ嬢って超楽な仕事だよね~」とか軽く言うのなら、 お前もいっぺんやってみろよって言いたい。 給料が高いってことは、その分仕事が大変だってこと。 そのくらいわかってください。

    続きを見る

    +80

    -5

  • キャバ嬢をバカにするボーイに天罰

    ちょっと聞いてください! うちの店のボーイにめちゃくちゃ腹が立ちました! 新人の女の子が、ボーイのことを好きになり告白。 ただうちの店は風紀を禁止しているため、残念ながら振られてしまいました。 まぁ、そこまではいいんです。 意外とよくあることなので。 でもそのボーイがその後、私にこう言ったんです。 ボーイ「ゆいさん~。俺、あの新人に告白されちゃったんだけどw」 私「あーね(うわ、こういうの他人に話すんだ…)」 ボーイ「キャバ嬢を好きになる男なんているわけないのに」 私「…は?」 ボーイ「あ、ゆいさんもキャバ嬢だった!やべっ」 …どう思います? 今までこのボーイは私たちのことそういう風に見てきたんだなって思って、怒りMAXでした。 でもこの話には後日談があります。 その後、うちの店に入店してきた女の子にこのボーイが一目惚れ。 なんとか口説き落として内緒で付き合い始めたのですが、数ヶ月でフラれてました(笑) お店の中でギャン泣きし始めて、店長も女の子たちもどん引き。 いや~超すっきりしました!!

    続きを見る

    +72

    -2

  • 無口な客への対応の仕方

    私のお店では、誰もが付くのを嫌がるお客様Tさんがいます。 その人が来ると女の子たちは「私はパス」と言い続け、ボーイを困らせていました。 ということで、新人の私へと回ってきたのです。 見た目が不快なわけではないし、清潔感もあります。 なんでみんな嫌がるんだろう…と不思議だったんですが、すぐにわかりました。 Tさん、一言もしゃべらないんです!!! 私「はじめまして~!」 客「…」 私「乾杯させてもらってもいいですか?」 客「…(うなづく)」 私「よろしくお願いしますー!今日はお仕事帰りですか?」 客「…(ただお酒を飲み続ける)」 趣味、お仕事、出身地、好きな女の子のタイプ、好きな芸能人… 何を聞いてもただただ無言でお酒を飲み続けるだけ。 Tさんはまるで人間じゃない生き物のよう。 普通の女の子ならここで諦めてしゃべるのをやめてしまうでしょう。 でも、私は違いました。 私は日ごろからサボテンに愚痴や不満を言い聞かせているんです!(笑) そのため、返事がない会話には慣れています。 私はTさんに返事を求めることはせず、自分が体験した面白エピソードや失敗談を独り言のようにただ話し始めました。 すると 「ぶほぉ!!!!!」 とTさんがお酒を口から吐き出し、笑い始めたんです!!! 「もう我慢できない…面白いね、君!」 とにっこり笑顔。 しかも、場内&延長までいただいちゃいました!!! Tさんが帰った後、私はお店の女の子やスタッフから賞賛の嵐を受けたのは言うまでもありません(笑) ちなみにTさんは現在も私の太客です! ただ毎回「今日はどんな話をしてくれるのか」とウキウキしていて、けっこうプレッシャーです(苦笑)

    続きを見る

    +68

    -2

  • 学生キャバ嬢が人気になった理由

    最近うちの店に入ってきた学生の子が、色々衝撃的でした。 その子は学費を自分で稼がないといけないとかで、 キャバクラで働いているけどけっこうカツカツな生活をしている様子。 ドレスはいつもレンタルでしたし、ドリンクバック欲しさにかなり無理して飲むことも。 コチラとしては、痛々しいな…みたいな感じで見ていたんですよね。 正直、見下していた感じもあったかもしれません。 そんな彼女が、ある時から指名が急激に増え、 なんとナンバー入りをするようになったんです(;゚д゚) 何事!?と思って聞いてみると… 「お客様と一緒に食事したら、お礼で指名してくれるようになったんですよね」 とあっさり。 彼女、同伴ではなくてプライベートな時間を削って客と会っていたんです! しかも自分の指名客だけでなく、フリー客とも!! 「いや~正直、食べ物にも困っているんで助かっています(笑)お客様と食事する時はいつもおごってもらえるんで♪」 なーんてニコニコ顔で話してくれました。 自分は指名客としか店外しないので、正直ビックリ…。 でも彼女のやり方がお客さんにとっては一番うれしいですもんね~。 いや~先輩として負けてられないです! 私は私なりのやり方で、彼女に負けないように頑張ります!

    続きを見る

    +67

    -4

  • 超最悪!初めての同伴体験

    私の初めての同伴体験を聞いてください…。 ナイトワークを始めて2ヶ月、初めて同伴に誘われました! 自分から何人かのお客様に同伴を誘っていたのですが、ことごとく惨敗。 そのタイミングだったから、誘われてすごく嬉しかったんですよね。 「同伴初めて?じゃあいっぱい楽しもう!君が見たいって言っていた映画に連れてってあげるよ。その後に買い物して、おいしいご飯食べに行こう」 そう言われ、待ち合わせ時間に指定されたのが15時。 ちょっと早いかな~とは思ったものの、機嫌を損ねて同伴がなしになるのは嫌だったのでOKしました。 そして当日。 約束通りに15時に集合し、映画→買い物→食事をしました。 映画は面白かったし、好きな洋服を買ってもらえ、食事でもお寿司を堪能。 『最高の同伴だったな~!』と思っていたんです、次の衝撃の一言を聞くまでは。 「今日、やっぱりお店行かなくていいや。なんか満足しちゃった。またね」 私、呆然。 そんな私を残し、お客様はサクッとタクシーを捕まえて帰ってしまいました。 私は泣きそうになりながらも、30分遅れでお店に出勤。 ボーイに事の顛末を話すと、 「5時間も一緒にいたらしゃべることなくなって、もういいやってなるに決まってるじゃん!同伴は2時間以内に抑えなきゃだめだよ!」 と注意されちゃいました(泣) 遅刻扱いで罰金も取られるし、もう散々な同伴体験でした。

    続きを見る

    +65

    -1

  • 新人キャバ嬢の大きな勘違い

    こんにちは。場末でキャバ嬢をやっているぐち美です。 今日は新人キャバ嬢の愚痴を言わせてください…。 私は一応ナンバーに入っているキャバ嬢のため、新人の子からよく相談されたりするんですよ。 でもかなり的外れなことばかり聞かれ、毎回イライラしちゃってます。 特に言われるのは、この2つの質問。 「どうやったら指名ってもらえるんですか?」 「どうやったら同伴してもらえますか?」 …もう、質問からして違う!!! 指名はもらうものじゃなくて、とるものなんです!!! ボーっと接客していたらお客様から「指名していい?」「同伴していい?」って言われると思ってるんですかね。 待っているだけじゃ、取れるものも取れないですよ。 指名や同伴をおねだりするのも、キャバ嬢のお仕事の1つですよ! どんなに接客が下手な子でも、一生懸命やっていれば10人中1人は取れるはず。 もしも取れないんだとしたら、何かしら自分に問題があると思ったほうがいいですね。 キャバ嬢の仕事は、それほど楽じゃないですからね!

    続きを見る

    +63

    -3

  • その客に指名されるには…

    この前、超笑える客が来たのでご報告を(笑) フリーで入ってきた初めてのお客さんだったんですよ。 仕事やプライベートについて包み隠さず話してくれたし、 最初の印象は決して悪くはなかったんです。 でも趣味の話をし始めたとたん、雲行きが怪しくなりました。 客「俺、旅行が好きなんだよね」 私「へー!最近だとどこに行かれました?」 客「海外だとハワイとか、台湾とか。今月は温泉でゆっくりしようかなって」 私「素敵~!いいな~!」 客「あ、一緒に来ていいよ?」 …………。 普通、初めて会った人を旅行に誘います?? 私「あはは~!いきなりですね」 客「旅費は俺が出してあげるからさ」 私「いやいや~。知り合ったばかりだし、もっとお互いを知ってからがいいな」 遠まわしに断っていると、いきなりこのお客さん真顔になってこう言ったんです。 客「俺と旅行に行けないんだ?じゃあ指名しないよ」 私「……はぁ」 客「次の女の子呼んで。君は…まぁ、頑張って」 うん、わかった(o^ω^o) むしろお前が旅行に行ってくれるキャバ嬢探しを頑張れよ(o^ω^o) ちなみにその客は、旅行を共にしてくれる女の子は見つけられなかったようです。 ざまあみやがれ、二度とうちの店に来るな!

    続きを見る

    +62

    -4

  • 常連客にセクハラ…心に響いた店長の一言

    私が今働いているお店はけっこう客層が良い方なんですよ。 社長さんとか大手企業のサラリーマンさんが中心で、やや高級より。 場末から移籍してきた私は、いつも失礼のないようにビクビク接客していました。 そんなある日、そこそこ常連さんの自称社長(笑)にセクハラされたんです。 太ももを触ってきたり、ひじをおっぱいに当ててきたり…まぁ、よくある感じですね。 けっこうお店にお金を落としてくれる人だったので、嫌だったけど我慢我慢。 なんとかやり過ごして、その日の出来事を店長に愚痴ったんです。すると… 「なんですぐに相談してくれなかったの!?大丈夫だった!?」 とすごく心配してくれたんです。 「大丈夫ですよ。これもお店のためですから我慢します!」 と、ドヤ顔をする私(笑) でも店長は複雑そうな表情を浮かべ、こう言いました。 「あのね、その我慢は違うよ。あなたは触られる仕事をしているんじゃないでしょ?むしろあなたが我慢をすることで、他の女の子も触られちゃうかもしれない。それはお店としてマイナスになっちゃうんだよ。だからそういう時は我慢せずにうまくかわすか、どうしてもダメだったらすぐにスタッフへ相談して」 キャバクラの仕事をしている以上、ある程度のセクハラは我慢すべき。 そんな私の固定観念が覆された瞬間でした。。。

    続きを見る

    +61

    -3

  • クソ客が語る「指名客の作り方」(笑)

    この前、変な客が来たので皆様にご紹介します~! その客は新規のフリー。 見た目はしわだらけのおっさんで、何日かお風呂に入ってない匂いがしました。 まぁ、私が働いているのは場末のキャバクラのため、こういう客はけっこういます。 だから気にせず、いつも通り接客をしていたのですが…。 「ねぇちゃん、あんまり人気なさそうだなぁ」 って、いきなり失礼なことを言ってきたんです(怒) でもまぁ、こんなのキャバ嬢なら言われ慣れていますよね。 「そうなんですよ~。頑張ります!」 とか適当に言いながらお酒作っていたら、 「じゃあ、指名客がすぐに作れる方法を教えてやるわ!」 との発言。若干興味があり、詳しく聞いてみました。 「まずな、客に姉ちゃんからご飯に行こう!って誘うんや。もちろん、同伴とかじゃないで。ランチだ!んでもって、お店に来てくれたお礼に私が奢るって言うんや。こんなキャバ嬢おらへんから、俺ならすぐに指名するで~」 群馬なのになぜ関西弁。 そしてなぜ客と同伴以外で会わないといけないのか。 しかも奢りって、私にメリットがなにもない。 なによりも、不潔なお前と昼間に会いたいとかいうキャバ嬢がいるわけないだろうが! もうツッコミどころ満載で、爆笑してしまいました(笑)

    続きを見る

    +58

    -3

  • 卒業すると言った途端、群がるクソ客ども

    就職先も無事に決まり、22歳の誕生日にキャバ嬢を卒業することになりました。 久しぶりのお客様もたくさん来てくれ、幸せに終われると思っていたのですが…。 予想に反し、クソ客が群がりました。。。 客1「暇になるんでしょ?ご飯行こうよ」 客2「最後なんだし、アフターでいい思い出作らない?」 客3「パパ活しない?月10万でどう?」 客4「辞めたら付き合ってくれるんだよね?」 いや~顔が引きつりましたね(笑) でもこれでこのクソ客どもと縁が切れると思ったら全然余裕! 笑顔で軽く受け流し、最後までなんとか金を引き出しましたよ。 もちろん帰宅後は全員の連絡先をブロック! はーサッパリサッパリヾ(o´∀`o)ノ キャバクラで稼いで貯金も結構できましたし、 これからはのんびり昼職で生活していこうと思います!

    続きを見る

    +57

    -3

  • 会計時にもめる客が大嫌いです!!!

    もー愚痴が溜まりまくっているので聞いてください!! うちのお店、客層がかなり悪くて毎日イライラしています。 特にもめるのが、会計の時。 「あれっ!?なんかキャッチに言われたのより高いんだけど!?」 ⇒自分が勝手に延長したんだろ! 「女の子のドリンクって何?聞いてないよ?」 ⇒説明したやん!それで「飲め飲め」って言ったじゃん! 「え、指名料?俺、指名なんかしてないけど」 ⇒時間までここにいて=指名なんですけど?? なんて言われるのは日常茶飯事。 そのたびにボーイが説明するのですが、「ぼったくりだ!」と警察呼ばれた日もありました(笑) いやいや、うちのお店は大衆店だから他のお店よりもかなり良心的なんだよ~。 キャバクラに通いなれてなさすぎだろ~って感じです…。 まぁもちろん、店側にも問題はありますよ。 一番問題なのはいい加減なキャッチを雇っていること! 「お安くしますよ~」とか適当なことを言って呼び込むから、会計時にもめるんですよね。 キャッチを使わなくてもお店に来てくれるリピーターを増やすべきですが、なかなかうまくいかないようです。 他のお店に移りたいけど、フリー客を相手してればOKなこのゆるさは捨てがたい…。 なーんてうだうだ言いながらもこのお店にいるのですが、そろそろ考えなきゃな~って思っています。

    続きを見る

    +55

    -1

  • 女一人でガールズバーへ遊びに行ってみた!

    ちょっと皆さんの体験談と違うのですが…。 もうすでに夜職を卒業し、昼間の仕事をしています。 でも最近ちょっぴり人恋しくなり、一人でガールズバーに遊びに行ってみました! そしたら…めちゃめちゃ楽しかった(((o(*゚▽゚*)o))) 私はもともと風俗とキャバクラをしていたので職種は違いますが、同じナイトワークじゃないですか。 だからものすごく共感してもらえて、めっちゃ嬉しかったです。 あと恋愛話したり、クソ客について愚痴りあったり…。 久々にあんなに笑ったな~! しかもこういったらあれですけど、向こうは客商売じゃないですか。 傷つくようなことは一切言われないので、居心地が良かったです。 キャバクラに行く男性たちの気持ちがわかりました…(笑) ガールズバーなので値段もかなり安かったですしね。 こういう楽しみ方もあるんだな~って。 「誰かと話したい!」「寂しい!」って思った時は、ガールズバーに行ってみるのがおすすめですよ! ただ「普通に友達になりましょ!」ってLINE交換しましたけど、 本当に連絡したらウザイと思われそうでできない私がいます(笑) 本音と建前を知っているから、若干距離感が難しいですね(・д・)

    続きを見る

    +53

    -1

  • お前は女になってもキャバ嬢にも風俗嬢にもなれねぇよ

    この前店に来た客との会話が不毛すぎました。 客「女は楽でいいよな~。座ってしゃべってるだけでお金稼げて!しかも客の金で酒まで飲めるんだからさw俺も女だったらな~」 私「え?じゃあホストやればいいじゃないですか。条件は同じですよ!」 客「ホストは…顔がかっこよくないとダメでしょ!」 私「むしろキャバ嬢よりも、ホストのほうがルックスは関係ないと思います!」 客「……あ、ほら。あと女には風俗があるじゃん。いいよな~気持ちいいことやってるだけで、かなり稼げるんだよな。俺が女だったら絶対に風俗嬢になってるね」 私「大丈夫!男には売り専がありますよ。けっこう数あるんで、応募してみたらどうですか?」 客「………いや、いいよ」 女だけ楽して稼いでいるって思ってるやつ、多すぎませんか?(怒) 男にも似たような仕事あるのに、そういうのは見ようとしないんですよね。 てかやる勇気もないくせに、軽々しく「楽でいいよな~」とか言わないでほしい!! 以上、個人的な愚痴でした(笑)

    続きを見る

    +53

    -1

  • 同伴の食事代をせびろうとする客にうんざり

    この前、超うっとうしい客がいたんですよ!! たま~に指名してくれるお客様だったんですけど、 来るたびに「お金ない~」「ちょっと割引とかになんないかな」とか言う人で。 まぁお金ないない言う割にはドリンクくれるし、悪い人ではないって思ってました。 だから「同伴しない?」って言われた時も二つ返事でOKしたんです。 場所はお店の近くの焼肉チェーン店。 同伴で来るようなお店ではなかったのですが、「まぁ、お金ないって言ってたし」とにこやかに食事を楽しんだんです。 帰り際、店員さんが会計を持ってきました。 「お会計、よろしくお願いします」 「はい、カードで」 他のお客様の場合は、私がお手洗いに言っているときに会計を済ませてくれています。 でもそのやり取りを見てしまったので、 「ありがとう、ごちそうさまです」 とお客様に声をかけました。すると 「うん、6437円だったよ。3000円でいいからさ」 「………は?」 この人、私に3000円払えって言ってる? 初めての同伴で?え??なんで?? ちょっと意味がわからなかったので、そのまま笑顔でお手洗いへ。 出てくると出口でお客様が待っていたので、そのまま外に出ました。 さっきの話は流れたかな~と思って、にこやかに話しかけようとしたら 「これいる?」 と私にレシートを渡してきたんです。 正直、本当にイライラしました。 お店には一緒に行きましたが、ワンセットで帰宅。 キャバクラのルールをあまりわかってないんでしょうか? その後、LINEで 「今日は楽しかったよ!次回の同伴はそちらのおごりでお願い!」 って来てましたし。 これはちょっと無理ですよね………。 LINEをブロックしてしまおうか迷っています。

    続きを見る

    +51

    -5

  • 昼職になってから驚いた3つのこと

    私は25歳くらいからキャバ嬢を卒業して昼職になったんですが、驚いたことがあります。 その1. 飲み代を払わないといけない 会社で男性がいるような飲み会に参加するじゃないですか。 女子たちはお酒を注いだり、食事を取り分けたりするんですけど、飲み代はきっちりみんなで割り勘なんですよね…。 社会人としては当たり前かもしれないんですけど、私を含め、女子たち可哀相だな~って思いました(泣) キャバ嬢時代は男性とご飯=おごってもらうものだったので、最初はすごく違和感がありましたね。。。 その2. 飲み会でかなり気を遣う 夜職時代が長かったせいか、空いているグラスとか灰皿を見ちゃうんですよね。 そしたら女子たちから「キャバ子さんって女子力高いですねー!気づかなかったー!」とか言われて。 時給発生しないし飲み代は自分で払うのだから気を遣わなくていいんですけど。 こういう時は損しているな~って思っちゃいます(泣) その3. 給料がびっくりするほど低い! 昼職って平日8時間以上、働くわけですよ。単純計算で160時間。 キャバクラでこの時間働いていたら、時給だけで60万以上は確実。 でも昼職って、手取りで20万ないとかザラなんですよね…(泣) キャバ嬢時代と比べて、勤務時間は延びたのにお給料はめっちゃくちゃ下がりました。 正直、キャバ嬢を辞めて昼職にして良かったのかと聞かれると微妙です。 キャバ嬢時代に稼ぎまくって早めにリタイアして、余生を楽しむ。 もしくはキャバ嬢時代にお金持ちと結婚、とかが勝ち組だったかもなぁ、と。 でも親の目とか世間の目があるし、難しいですよね~。 キャバ嬢にとっては永遠の課題だと思います(´・ω・`)

    続きを見る

    +49

    -3

  • 男性が若い女の子を求めるのはキャバ嬢のせい?

    キャバクラで働いていると、こんな会話しませんか? 客「どんな男性がタイプなの?」 私「性格が優しくて、私のことを大切にしてくれる人がいいですね」 客「見た目とか収入とか関係ないの?」 私「えーそりゃちょっとは関係するかもですけど、重視はしないですね」 客「恋愛対象になる年齢は?」 私「好きって思ったら、年齢とかは関係ないですよ~」 もちろん、これはすべて客に合わせた営業トークです。 私は色恋に近い営業の仕方なので、タイプの男性はお客さんに合わせます。 ちなみにこの客は年齢45歳、ブサ男、給料日にだけドリンクをくれる貧乏客。 たぶん年収400万もないんじゃないですかね。 そんな相手を接客していて、ふと思ったんです。 この営業トークって、22歳の女の子でも45歳のおっさんが恋愛対象になりうるってことになっていますよね。 それってこの客に希望を与えていることになるんじゃないかって。 よく結婚相談所とかでおっさんが「20代の若い子じゃないと嫌」ってバカな注文をするって言いますけど、もしかしたらキャバ嬢の営業トークを真に受けているんじゃないでしょうか。 だとしたら、けっこう私たちって罪深い仕事をしているのかも(笑) まぁ、真に受ける方がバカなんですけどね~。

    続きを見る

    +46

    -4

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4

(1~20件目)