コラム名:水商売をしている女子必見☆男性に嫌われる3つの話し方

2018.06.02水商売をしている女子必見☆男性に嫌われる3つの話し方

猫山

+1

-0

ガールズバーで働いていると、いきなりお客さんが不機嫌になったりすることってありませんか?
「あれ?私って今変なこと言ったかな……?」と思っても、自分ではなかなか気づけなかったんです。
でも最近、お店の店長に「猫山は男に嫌われることをたまに言うよね」と教えてもらって、ようやく謎が解決しました!

ということで、さっそく皆さんにも店長に注意された話し方を共有したいと思います。
ガールズバー・キャバクラ・クラブなど、しゃべりがメインの仕事をしている皆さん!
今回の記事は要チェックですよ♪

絶対に言っちゃダメ!男性をイラッとさせる話し方

 

知らず知らずに使っている言葉、あなたもきっとあるはず。
さっそく見ていきましょう!

 

「だから、〇〇なんですって」

相手が自分の主張と違う意見を言った時や、間違いを訂正する時に使いがち。
でもこの言葉を聞くと「見下された!」と感じてしまう男性も多いとのこと。
男を立てるためにも、絶対に使ってはいけないです!

「でも」「だけど」

これもよく使いがちですよね!
冒頭に「でも」「だけど」をつけて話すと、否定から入られたと思われ、不愉快に感じてしまいます。
お客様の意見に賛同するのもお仕事の一部だと考えましょう。

「~してるのに」

この言葉の後には、必ず愚痴が来ます。
「私は頑張ってるのに、なかなか認めてもらえない」
「これだけやってあげてるのに、わかってもらえない」など。
お客様はわざわざお金を払って、あなたの愚痴を聞きにきているわけではありません。

どの言葉もお客さんの話を聞くのではなく、自分の意見を主張している言葉です。
話したいことがあるのに、女の子の話で時間が来てしまったら……お客さんが不機嫌になるのも無理はないでしょう。

「当たり前だ」「そんな言葉を使うはずがない」と思われた方もいるかもしれません。
でもお客様と長時間話す場合や気心の知れた常連さんの場合だと、ついポロッと出てしまうこともあるんですよね。

もちろん、自分の主張を一切するなというわけではありません。
お客様と意見が食い違ったときは「そうなんですね」「そういう考え方もありますね」と一度肯定を挟めば、受け手側の印象はがらりと変わります。
今一度、自分の話し方や言葉使いに注意を向けてみてください。

ガールズバー求人を探している皆さん!
バイト探しは体入ショコラのガールズバー求人でぜひ☆

+1

-0

人気のこだわりテーマから探す

  • 横浜・関内・川崎など神奈川のおすすめナイトワーク特集
    ナイトワークをお探しの皆さん! どこで働こうか迷っている方はいませんか? そんなあなたにおすすめなのが、横浜・関内・川崎を中心とした神奈川エリア♪ 繁華街・ビジネス街として知られ、常にたくさんの人で賑わっています。 ここでは、そんな横浜・関内・川崎など神奈川エリアの優良ナイトワーク求人を集めました。 きっとあなたにピッタリのお仕事が見つかるはずです!

おすすめ店舗の求人情報