コラム名:キャバ嬢必見!売れる源氏名の付け方を伝授★

2017.11.30キャバ嬢必見!売れる源氏名の付け方を伝授★

キャバ子

+20

-2

キャバ嬢として稼ぎたいと思うのなら、源氏名はとっても重要です!
最近は好きな芸能人やアニメのキャラクターから名前を決める人もいるけど、源氏名はそんなに適当に付けたら絶対にダメ!ヽ(`Д´)ノ
場合によっては、本名よりも呼ばれる名前になるので、慎重に考えましょう。

キャバ嬢の源氏名を付けるコツって?

売れるキャバ嬢は、どのような源氏名を使っているのでしょうか。
調べてみた結果、5つの法則が見えてきました!

1. 読みやすい&覚えやすい

見ただけでは読めないような漢字の名前、いわゆるキラキラネームはNG!
名前が変わっていると「中身も変わっている子なのかな?」と思われる可能性大です!
「美海(まりん)」や「心愛(ここあ)」っていうよくあるレベルでも、やめておいたほうが良いでしょう。

2. オリジナリティがある

ありふれた源氏名を付けてしまうと他のお店の女の子と混同されたり、他店へ移籍する時に名前が被ってしまう場合があります。
特に「愛(あい)」「沙羅(さら)」などよくある漢字ネームや、「りん」「えり」などのひらがなネームはよく使われているようです。
キラキラネームくらい変わっている名前だと問題ですが、オリジナリティは大事です。
覚えやすいけどそこまで一般的でない自分らしい源氏名を見つけましょう!

3. 自分のキャラクターに合う

自分のキャラクターと馴染む名前というのは、自然と覚えられるものです。
たとえばサバサバ系のキャバ嬢なのに「もえ」という可愛い源氏名だと違和感がありますよね。
名前と実際のキャバ嬢のイメージが合っていないと、キャバ嬢側もお客さん側も居心地が悪いものです。
源氏名をつける時は、まず自分がどんなイメージなのかを見極めることが大事!
「自分ではわからない!」と言う方は、お店のスタッフや友達に聞いてみましょう。

4. 地域性やお店の雰囲気に合う

働く地域によって、源氏名のつけ方に特徴があります。
例えば歌舞伎町のキャバクラでは苗字と名前を両方付けることが多く、銀座では名前だけの源氏名が多いと言われています。
またお客さんの年齢層が高いお店で働く場合は、名前の最後に「子」をつける人が多いです。
お店の人にエリアやお店の特性を事前に聞いておくと良いですよ!

5. 男女どちらでも使える名前もおすすめ!

「りょう」「まこと」「つばさ」「じゅん」など、男女共に使用できる名前もよく使われています。
恋人や奥さんに携帯を見られたとしても、お客さんが「男友達だよ」って言い訳できるというメリットもあります(笑)
ただありふれた名前ではあるから、苗字を工夫したりしましょう!

キャバ嬢としてデビューを考えいているのなら、源氏名の選び方は慎重に!
特にキャバ嬢を本業にしようと考えている方は、源氏名とは長い付き合いになります。
自分がしっくりくる名前を吟味するようにしましょう!

「高収入をゲットしたい」「華やかな仕事をしたい」
それなら…⇒⇒⇒体入ショコラのキャバクラ求人に応募しよう☆

+20

-2

人気のこだわりテーマから探す

  • 横浜・関内・川崎など神奈川のおすすめナイトワーク特集
    ナイトワークをお探しの皆さん! どこで働こうか迷っている方はいませんか? そんなあなたにおすすめなのが、横浜・関内・川崎を中心とした神奈川エリア♪ 繁華街・ビジネス街として知られ、常にたくさんの人で賑わっています。 ここでは、そんな横浜・関内・川崎など神奈川エリアの優良ナイトワーク求人を集めました。 きっとあなたにピッタリのお仕事が見つかるはずです!

おすすめ店舗の求人情報