コラム名:キャバ嬢はやめられない♪キャバクラで働く5つのメリット

2017.09.26キャバ嬢はやめられない♪キャバクラで働く5つのメリット

キャバ子

+12

-1

みなさん、こんにちは!元キャバ嬢のキャバ子と申します。
体入ショコラにて、現役キャバ嬢やキャバ嬢になりたい女の子のために、コラムを書くこととなりました。
どうぞよろしくお願いいたします(`・ω・´)

私は、高校卒業してから25歳までキャバクラで働いてきました。
今の会社に就職したときも、職歴が書けなくてどうしようかと思いました…(苦笑)

「キャバクラだけで働いてたらやばいんじゃね?」と思いながらも、私がキャバクラをやめられなかった理由。
それは、キャバクラならではのメリットがあったからなんです。

キャバクラで働く5つのメリット

1. 時給が高い

キャバクラは地方であっても時給2000円~3000円以上です。
普通のアルバイトと比べれば、かなり高時給で稼げます。

2. 頑張れば時給以上に稼げる

時給以外にも指名・同伴・ドリンク・フードなどのバック&手当がプラスされます。
頑張ればその分しっかりとお給料に反映されるので、モチベーションがアップしやすいです!

3. シフトに融通が利く

キャバクラは基本的に自由出勤制
テストや旅行などで長期の休みが欲しいときも、了承してくれることが多いです。

4. 女子力がアップする!

キャバ嬢は華やかな仕事のため、キラキラ女子が多いです。
そういう女子たちと一緒に働くわけですから、おのずと自分の女子力もアップします。
…といっても、私の場合は出勤するときだけきれいに着飾ってましたが(笑)

5. 色んな人と知り合いになれる

お客様の中には社長さんや業界人の方もいます。
普通に過ごしているだけでは出会えないような人と会話できるのは、けっこう面白いです。
大学生のキャバ嬢の場合、お客様が就職斡旋をしてくれることもあるとか!(おすすめはしませんが)

以上です!!

一番大きいメリットは、やはりお金ですね。
私の場合は週2日出勤すれば、フルタイムでバイトするより稼げてました。
サクッと高収入をゲットしたい女の子には、高時給のキャバクラはおすすめのバイトです。

「お小遣いがほしい」「短時間でガッツリ稼ぎたい」
それなら…⇒⇒⇒体入ショコラのキャバクラ求人に応募しよう☆

+12

-1

おもしろコラム

  • 【総額50万!】体入ショコラの冬のボーナス&お年玉キャンペーンを実施中

    みなさ~~~ん!!! 体入ショコラ プレゼント企画 第4弾がただいま開催中ですよ~☆★ #体入ショコラ 過去最大級の #プレゼント企画 始動????【総額30万円】が21名様に当たる!??さらに5000RT??で?総額【50万円】にランクアップ?※ガチです皆の力でRT数を増やして高額賞金をGETしよう????〆切:1/6まで!??詳細は画像にて当選者にはDMでご連絡??#プレゼントキャンペーン pic.twitter.com/XTBG8FZYeb— 【公式】体入ショコラ@50万円??プレゼント企画実施中? (@tainew_chocolat) 2018年11月14日 ■プレゼント:総額30万円の現金(1名:20万円、20名:5,000円) ■当選者数:21名 ■応募期間:2018年11月14日~2019年1月6日 ま・さ・か・の!!!! 現金プレゼントキャンペーンが始まりました(ノ゚∀゚)ノ しかも期間中、5000RTを突破したら… ☆☆☆総額50万円にランクアップ☆☆☆ 現金30万円を1名様に、そして現金1万円を20名様に どど~~んとプレゼントしちゃいます!!! <参加方法> 1. 体入ショコラの公式Twitter(@tainew_chocolat)をフォロー 2. 上記のキャンペーン告知のツイートをRT これだけで、現金プレゼントのチャンスを獲得! 年末年始の運試しに、ぜひ参加してみてくださいね。 Twitterの現金プレゼントというと「ちょっと怪しい…」と思われる方もいるかもですが、体入ショコラはガチなのでご安心を! 気になる方は、過去のプレゼントキャンペーンのTwitterモーメントをご覧くださいね♪ ■第1回 プレゼント企画 Twitterのモーメント ■第2回 プレゼント企画 Twitterのモーメント ■第3回 プレゼント企画 Twitterのモーメント 賞金総額をアップさせるためにも、拡散のご協力をよろしくお願いします! 女性だけではなく、男性のご参加もどしどしお待ちしていますよ~(^u^) <関連記事> 【レポ】体入ショコラの冬のキャンペーン~プレゼント企画 第1弾~ 【レポ】体入ショコラの夏のキャンペーン~プレゼント企画 第2弾~ 【レポ】体入ショコラのハロウィーンキャンペーン~プレゼント企画 第3弾~

    続きを見る
    キャバ子
    2018.11.16

    +5

    -0

  • 【レポ】体入ショコラのハロウィーンキャンペーン~プレゼント企画 第3弾~

    みなさん、こんにちは! 今回も体入ショコラの公式Twitterで行われた <体入ショコラ プレゼント企画 第3弾> のレポをご紹介していきます! 3回目の今回は、嬉しいことにプレゼントの予算がだいぶアップ! ということで、念願のコスメを皆様にプレゼントすることになったんです♪ じゃ~~~~ん!!!   ??ハロウィンプレゼント企画??#韓国コスメ#エチュードハウス の #プレイカラーアイズ ?ピーチファーム ?インザカフェ ?ワインパーティー この中の1つを抽選で15名様に?? 応募は当アカウント をフォロー&この投稿をRTで?? ??〆切10/31(水) 当選者にはDMでご連絡??ご応募お待ちしています?? pic.twitter.com/gWkmef9tAG — 【公式】体入ショコラ (@tainew_chocolat) 2018年10月15日   ■プレゼント:エチュードハウスのプレイカラーアイズ ■当選者数:15名様(3種類×5名) ■応募期間:2018年10月15日~10月31日 女子から大人気の韓国コスメ! エチュードハウスさんは特に人気で、このパレットも売り切れ続出だったんです。 お店に取り置きしてもらっていたので、なんとかご用意できました( ^ω^ ;) 今回は当たる人数が多いため 「キャンペーンに参加してくれる人数も超アップさせてね!」 と上から無茶振りが……!! どうなることやらという感じだったのですが、 結果は193名からの応募ありと大盛況☆☆☆ みなさん、本当にありがとうございました~~~!!!   ?お待たせいたしました?#体入ショコラ の #プレゼント企画 の当選品を配送いたしました???? 完全ランダムなので、 届くまでお楽しみにっ?? ショコラでは、もうすでに次のプレゼント企画を考え中???? なにか欲しいものや、ナイトワークに欠かせないものがあればぜひリプライで教えてくださいね?? pic.twitter.com/jIK7U3Sfsp — 【公式】体入ショコラ (@tainew_chocolat) 2018年11月8日   ラッピングの担当者が可愛く梱包してくれました! さらに今回から、体入ショコラオリジナルパッケージのチロルチョコもおまけしています♪ 当選者の方からは 「梱包めっちゃ可愛い!」 「チョコレートまでついてた!」 「ありがとうございますー!」 なんてうれしい声を続々といただき、こちらも大満足♪ みなさん、今後とも体入ショコラをよろしくお願いいたします! プレゼント企画のツイートまとめはこちら⇒Twitterのモーメント ちなみにプレゼント企画の第4弾は、今回よりも規模感が大きくなるとのこと…! 今後の体入ショコラのTwitterをお見逃しなく~!!! <関連記事> 体入ショコラの冬のキャンペーン~プレゼント企画 第1弾~ レポ【終了】 体入ショコラの夏のキャンペーン~プレゼント企画 第2弾~ レポ【終了】

    続きを見る
    キャバ子
    2018.11.16

    +3

    -0

  • 第7話 シャンパンの落とし穴

    それから山本さんは、定期的に私の店へやってくるようになった。 とてもいいお客さんだなって思っていたけれど、それは最初のうちだけ。 お店へ通う頻度が増えるにつれ、私に対して過度な接客を求めるようになっていった。 「あゆちゃ~ん。今日もすっごくかわいいね!」 そう言いながら山本さんは私の太ももに手を置き、指を滑らしはじめた。 30歳くらいだと思っていたが、年齢を聞いてみたらなんと44歳とのこと。 どうりでやることは橋田さんと変わらない。 太ももを撫でられるたびに全身に鳥肌が立ったが、なんとかお酒を作り山本さんに渡した。 山本さんはとにかくボディタッチが多い。 太ももを触られるのは序の口。 隙を見せると、胸を突いてきたりキスをしてきたりする。 なんとか毎回跳ね除けているが、油断ができないお客様だ。 「あゆちゃんはどんな男がタイプなの?」 そう聞いた後、山本さんはゆっくりとお酒に口をつけて飲みはじめた。 まるで私に考える時間を与えてるんだ、というかのように。 「そうですね~優しい人ならそれでいいですね」 ありきたりな答えだな、と我ながら思う。 でもウソではなかった。 ユタカくんはとにかく優しい。 もちろんルックスも良いのだけれど、ユタカくんであれば顔なんて関係ない。 本当に、心からそう思っていた。 「え~!またそんなこと言っちゃって。年齢は?やっぱり同年代じゃなきゃ嫌?」 あぁ、要は自分が恋愛対象かどうかを聞いているのね。 山本さんにバレないように、小さくため息をついてから、営業スマイルで答える。 「年齢は関係ないですねー。フィーリングさえ合えば!」 「本当?でもさすがに40代は嫌でしょ?お父さんとしか思えないんじゃない?」 お父さんという単語を聞いて、思い出したくもない音声が再生される。 お母さんのヒステリックな声、お父さんの罵声、そしてドアが激しく閉まる音……。 私はその音を振り払うかのように、大きめな声でこう答えた。 「普通の40代ならそうかもですねー。でも山本さんは見た目がお若いですし、全然いいと思いますよ」 山本さんは「そう?」と満足そうな笑みを浮かべてお酒を一気に飲み干す。 キャバ嬢はお客様が求める答えをしなければならない。 それが自分の気持ちと相反することだとしても、それが仕事なのだから。 「今日は気分がいいから、あゆちゃんのためにシャンパンを頼んじゃうよ!」 シャンパン――――――。 その言葉に一瞬思考停止してしまう。 「私、シャンパンを入れてもらうの初めて……!」 「本当?じゃあ、あゆちゃんの初めてをもらっちゃうね!こっちもうれしいよ」 ボーイがシャンパンを運んできて、ポンッとコルクを飛ばす。 入店してからずっと憧れていたこの音。 売れっ子キャバ嬢にとっては聞き飽きている音だろう。 でも私にとっては、やっとスタートできた音だった。 「あゆちゃん。シャンパンをお客さんに頼んでもらったら、1杯目は必ず一気飲みしなくちゃダメだよ」 「あ、そうなんですね」 特に違和感を持たずに、言われるがままシャンパンを飲み干した。 「いいね、いいね。いい飲みっぷり!」 その後も山本さんに言われるがまま、どんどんお酒を飲み干す私。 次第に意識がぼんやりしてきて、山本さんの声が遠くに聞こえはじめた。 「どうしよう、酔っ払っちゃったかも」 「いいよ、じゃあ延長するから。ゆっくり休んで」 山本さんのお言葉に甘え、そうさせてもらうことにした。 一気飲みを繰り返したせいか、今までで一番ひどい酔い方だ。 しゃべるのも、体を動かすのもとにかくしんどかった。 「かわいいね、あゆちゃん。すごくかわいいよ」 そう山本さんが言っているのが聞こえる。 目線を動かすと、山本さんは私の胸を触っていた。 「や、やだ。やめて……」 「ちょっとだけ。今度来たら、またシャンパン頼むからさ」 何度か手を払いのけたが、無駄だった。 私はなすすべなく、山本さんに体をまさぐられ続けた。   つづく

    続きを見る
    Saiko
    2018.11.10

    +1

    -0